profile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

太極拳初段

0
    バタバタして手芸の手が止まり、

    ブログの更新が全くできていなかったので

    ちょっと入れておく


    11月に受けた太極拳の初段試験の結果が出た

    合格

    良かった

    太極拳連盟のHPを見たら、合格率がめっちゃ高かった

    それでもね、一応『有段者』と言えるわけで

    これは、私史上初めてのことなので、やはり嬉しい

    試験に否定的な意見も聞くけれど

    こんなことでもないと、モチベーションが続かないからね

    来年はねんりんピックが地元で開催されるため

    60歳未満でも、スタッフ作業や集団演武で

    参加することになる

    来年も太極拳で忙しい一年になりそうだ

    アイアン小物入れ

    0


      川島詠子さんのバラを手本にして、描いた

      シルクスクリーンを多用したので、描いた部分は少ないが

      シルクスクリーンを使うと、お手軽に出来上がってしまう

      教室でも、シルクスクリーンブームだ



      本体はアインアンで、透けているので、入れる物を選ぶ小物入れ

      とりあえず、消臭ビーズを入れてトイレに置いてみたが

      ポプリの方がしっくりくるだろうな、、、(−−;)

      伝統柄の花ふきん

      0
        やっぱり刺し子は伝統柄に惹かれる

        次々と手を出してみる



        左は「青海波」、右は「矢羽根」



        左は「七宝つなぎ」、右は「柿の花」

        10枚を超えたけど、まだまだ手が遅いし、目は不揃い

        きれいにさくさく刺せるようになるには、

        何枚刺さなきゃならないのだろう…

        メガネケース

        0


          川島詠子さんの「花のデザイン帖」の図案を利用して

          メガネケースに花を描いた

          上はプラスチック、下は合皮

          普通にアクリル絵の具で描いたら、色がうまくのらず、

          ガラス等に描けるタイプの絵の具にしたら

          ちゃんと発色した


          川島さんの今回の本は、シルクスクリーンが多用されている

          素敵な背景を簡単に作れるので、

          描く手間がどんどん減っていくようだ

          トールペイント界も進化が止まらないようだ…

          花ふきんでポーチ

          0
            オリムパスのプリント済みの花ふきんを使って

            ポーチを作ろうと思い、一目刺し桜の花を刺した



            始めからポーチのサイズを意識して、横3列は刺さずに…労力節約



            裏がこんな状態になるので、元々ふきんとして使用できない気がする

            ここから内袋も付けてポーチに仕上げた



            写真が下手で見にくいけど、この柄は和風でとてもかわいい


            そろそろ自分で図案をひこうと試してみたが

            面倒くさくて挫折した

            うーん、やっぱりプリント済みに頼るしかないか…

            一目刺し

            0


              刺し子のふきんも少しレベルアップ

              一目刺し十字花刺しという模様

              単純に刺す回数が多いので、めちゃくちゃ時間がかかった

              なので、完成時の達成感は大きい

              いつもなら惜しげなく台ふきんにするところだが、

              これは、かかった時間を思うと、どうにもおろせない

              とりあえず意味もなく、プリンタの上に掛けてみた…

              見飽きるまで、そうしておこう


              そろそろ、ふきんばかりじゃなく、バリエーションが欲しいところだなあ

              紺色の花ふきん

              0


                白地に麻の葉模様をまた刺した

                二度目なのに、ちっとも目が揃わず下手でがっかり

                加えて、2枚の布の間に糸を渡す箇所で、糸が透けて見えるのが

                とても目立って、気に入らない

                で、紺地だったら透けないじゃないかと思い、野分模様を紺地に刺した

                この模様も、短いけど糸を渡す箇所があるので


                透けない

                良かった

                この野分という模様、なんだかかわいい

                気に入った

                初めての刺し子

                0


                  ずっと気になっていた刺し子に、とうとう手をだした

                  オリムパスの花ふきんを利用

                  印刷されたラインに沿って刺すだけなので簡単

                  こんなに簡単だと、もう少し緻密な模様を刺したくなってくる

                  市販の本を見てみると、布に図案を描くのがすごく面倒臭そう

                  無理

                  やっぱりプリント済みの布を利用するしかないな、、、

                  このふきんは、お盆に実家に置いてきた

                  編み込み模様のポーチ

                  0


                    図書館で借りた本なので、何だったか分からなくなってしまったが

                    とにかく、バラ模様ということで、一度編んでみたいと思い

                    図案をコピーしておいた

                    毛糸じゃないと、模様がはっきり出ないことが判明

                    紙系の糸で編んだので、すき間が多すぎて、模様が分からない

                    編んでみたかったから編んだ、、、それだけの作品になった

                    斜めチェックのバッグ

                    0


                      ダルマ糸さんが出している冊子に載っていた図案を見ながら

                      黒とうす茶のマニラヘンプヤーンで編んだ

                      いつものように、編んだ後、内袋がなかなか付けられず

                      かなり寝かせてしまった

                      見た目はわりときちんと編めているが、

                      内袋がしっくりなじまない、、、

                      使い勝手は不明

                      一応、娘が使ってくれそうで、よかった

                      | 1/21PAGES | >>